fc2ブログ

    「さらば奇狼丸!悪鬼を倒せ!早季のミラクル大作戦!」/『新世界より』第二十五話(最終話) 「新世界より」(ネタバレあり)

    前半の話の進み具合に、1話分見損ねてしまったかと思ったみなさん、おはようございます。やまQです。

    遅ればせながら『新世界より』の最終話をようやく見ました。そして、あえてウザいあえてウザいタイトルに改編してみました。つい、出来心でw

    『新世界より』の世界と社会の仕組みが見えてきて、なかなかおもしろかったですね。駆け足過ぎて、やや置いてきぼりも感じることもあったのですが、これはこれでスピード感もありましたね。

    でも、モノローグによる説明が多すぎたため、映像としての魅力が若干不足気味なのがもったいなかった。ばけねずみの遺伝子のはなしなんて、棒立ちで語らせるだけじゃなくて、遺伝子の絵を一瞬インサートするだけでも、ちょっと印象が変わりそうなんですがね。

    映像としては、やや消化不良気味の最終回ではありました。製作スケジュール的なものもあったのか、スタッフの悔しさみたいなものが滲み出ておりました。

    もっとも残念に感じたのは、モノローグは小説だと、なかなか小説にはかなわないですね。小説だと行間が持つ「間」のほうが、受け手の感じる疑念が増幅されるので、映像だと少し工夫が必要です。逆に第十話「闇よりも」などは、原作を遙かに超えているようなものでした。

    あ、でも、今回は不浄猫の牧場はかわいかったですね。これは原作にはない良さです。個人的には不思議生物萌えアニメという総括になってしまいました。


    ¥760
    評価:★★★★
    ¥710
    評価:★★★★
    ¥830
    評価:★★★★

    スポンサーサイト



    それでもやっぱり奇狼丸は怪しいw/『新世界より』第二十四話「闇に燃えし篝火は」(ネタバレあり)

    早季たちが歩いているのは首都高かな? と思ったみなさんおはようございます。やまQです。やっと見ました〜。

    物語はいよいよ大詰め。いきなりネタバレですが、発動したサイコバスターを焼却してしまうとは。たしかに、あそこで覚までいなくなってしまうと、早季は今後生きていく意味を感じなくなるだろうしなあ、とも思いました。

    あと感心したのは、やっぱり奇狼丸の配置ですね。結局は早季たちにつくわけですが、少しだけ腹の探り合いになっていたところは良かった。映像化が難しいとは思うのだけど、こういう疑心暗鬼みたいなものは、小説の行間でこそいかされるものですよね。読み進めていくうちに、だんだんと疑念が高まるものです。原作小説がクセになるほどおもしろいという評価があるのもよくわかりました。

    次回は、最終回。いよいよ悪鬼と野狐丸らとの最終決戦。あと、正直に自らの勝手の野望をあかした奇狼丸。いろんな思惑が絡み合って、どう決着するのか、楽しみに見たいです。

    あと、今回はときおり紙作画がまじっておりましたね。そのぶん、次回の最終回にリソースをまわしたんでしょうか?

    今週の新世界より 第二十三話「少年の顔」(ネタバレあり)

    海で舞う巨大なゴカイを見て、ナウシカのヘビケラを思い出しませんでしたか?

    今週と書きつつ、実は先週のなんですがw

    ちょっとタイミングを逸してしまい、やっと録画していた第二十三話を見れました。このアニメ、おもしろ生物がワラワラ出てくるのが楽しいです。ヴァージェス頁岩のオパビニアとか越えるような妙な多様性があってクセになっています。

    それと図書館の端末がカワイイです。カバンに収まって背中に背負われているシーンとか、とてもキュートです。あれは一家に一台欲しい。音声認識でナビもできるし、バッテリーが切れても太陽で充電できるし、防水機能もバッチリあるし、あれはほしい。

    実は先週・今週と、ご飯を食べながら録画を見ていたのですが、おもしろ生物というよりは気持ち悪くなって、少し後悔をしているところです。

    で、いろいろあってサイコバスターをゲットしたわけですが、出てきたあのピラミッドみたいなのって、どこなんでしょうか? 原作小説では描写されてるのかな。ちょっと気になります。あと、やっぱり奇狼丸(きろうまる)は怪しいですよね。どういう展開になるか、来週を楽しみにしたいです。